All about us

D-breezeは獨協大学を中心とした、セクシャルマイノリティーズの大学生活を支援するためのサークルです。
週2回のランチ会を中心にまったり活動中です。

セクシュアリティや学校生活に関する悩み、相談も受け付けています。
近隣大学の学生や、上級生の参加もOKです。
あなたもD-breezeに参加してみませんか?

連絡はこちら  newdbreeze@gmail.com
ホームページは⇒http://newdbreeze.web.fc2.com/

Home>  TotalPages9 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓イベントのお知らせ

2011.05.18 Wed

今年度初の新歓イベントのお知らせです。

サークルの保護の兼ね合いで、大々的に宣伝はできないので、やや曖昧にお伝えします。



日にち:今月の第4土曜日
時間:お昼から
場所:上野
費用:2000円


上野の某バイキングでケーキとかカレーを食べて、そのあと上野&アメ横を散策するというゆるーい企画です!!
(博物館や美術館、動物園もあるので希望があればそこら辺にも行きたいと思っています)


今のところ、6人が参加予定です(うち2人は新入生)!!

参加希望者はまだまだ受け付けていますので↓までご連絡下さい。

newdbreeze@gmail.com
件名に「新歓イベント参加希望」と入れてください。
スポンサーサイト

お花見イベント

2011.04.30 Sat

本日、新宿御苑でKSNお花見イベントに参加してきました。


(KSNとは、関東にあるセクシャルマイノリティーサークルのサークル間の交流を円滑にするためのネットワークです。たまにこのように交流会をしたり、サークルの代表であつまってミーティングをしたりしています)
詳しくはこちらです。

今回は、今年度初の交流会でしたが、上智(紀尾井LGBTサロン)や早稲田(GLOW)、中大(Light Hearts)などから20人ほどの参加になりました。

規模は比較的小さく、こじんまりとしていましたが(毎年6月ころにある大きな交流会では100人以上参加しています)、新歓迎期ともあって、各サークルの入ったばかりの新入生の人たちなどともお話したり、立教や専修、青学など最近できたばかりのサークルの人とも会えたりで、貴重な交流会でした。

サークル代表者さんとのお話は、新歓の話題で悲喜交々でした。
どこでもそうですが、新歓はその年度の要ですから、どのサークルも新入生が少しでも見学に来てくれるといいですね。

D-breezeも今度学内の自由掲示板にポスターを貼る予定です(35周年記念館、DUO(売店)の奥のボードです)。
機会があればぜひチェックしてみて下さい。

新歓のお知らせ

2011.04.28 Thu

こんばんはです。
ヒロです。


履修登録の抽選結果が発表されましたね。
私が獨協でいまだに納得できない事の一つが、履修登録が確定する前に授業が始まることです。
毎年そうなんですが、抽選に落ちて別の科目を履修したら、その新しい科目には第一回目の講義を受けていないから、1回の欠席になるじゃないですか!!
まあ今回は一つも抽選落ちがなかったので、深く追及はしませんけど・・・。



余談は以上。ここからが本編です。

サークル入部希望者で、既に若干名D-breezeに連絡をいただいてるのですが、この度、新歓を開くことになりました。
アウティング(他人にばれる事)防止のため、ネットの方には詳しい情報を載せられないのですが、

日程は、5月28日(土)に決まりました。

新歓に参加したいという人は5/20までに newdbreeze@gmail.com までご連絡下さい。
お待ちしております!


もし28日が都合が悪いというかたも、連絡を下されば、後日に第二新歓会を開くこともできるので、ぜひご連絡下さい。


それではよいGWを。

新歓準備

2011.03.29 Tue

久しぶりの更新です。
D-breeze代表のヒロです。

震災の影響で本大学も授業開始日や始業前のガイダンス等が変更になり、本年は慌しい新学期になりそうですね。
もう3年前のことですが、私が新入生だった頃は、もうこの時期(3月末)には引越しを済ませてこちらに来ていたのですが、4月から数週間、間があくと新入生の人たちも手持ち無沙汰でしょうね。

とりあえず、D-breezeでは新歓用のポスターを作ったりHPを整備したりして、新歓に備えるつもりです。
4月5月のイベントも決まり次第掲示しますので、入部希望の方は、たまにチェックしてみて下さい。

ジェンダーとメディア表象2

2011.01.15 Sat

前回の記事の続きです。


Q、パンセクシャル(全性愛者)、Aセクシャル(無性愛者)、ノンセクシュアル(非性愛者)とは?
A、性的指向の一種です。
パンセクシャルはバイセクシャル(両性愛者)の亜種と捉える事ができます。
男性と女性の両性を愛する事ができる点で両者は非常に似ています。
バイセクシャルは、性対象を男性・女性と区別しているのに対し、パンセクシャルは、性別にとらわれずに両性を含む全ての性を愛する事ができます。

※バイセクシャルは、同性愛者より・異性愛者より(例:男性が好きだが、女性もそれなりに好きだ)だったり、時期によって好きになる性別が揺らいだりしたりするケースがあります。
しかし、パンセクシャルは、男女の区別をせず相手を好きになれたり、男女で分けられない性を持つ人、性に揺らぎのある人も違和感なく好きになる事ができたりします。


Aセクシャルは、アンチセクシャルの略で、アセクシャル、エーセクシャルと読みます。
どの性にも恋愛感情、性的欲求を抱かない人の事をさします。
ノンセクシュアルは、恋愛感情は持つが、性的欲求を抱かない人の事です。

両者はよく混同されます。詳しくは↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%80%A7%E6%84%9B


Q、セクシャルマイノリティの人口比は?
A、確かめる事が難しく諸説ありますが、潜在的なものも含めれば10人中1人がなんらかのセクシャルマイノリティーであるとも言われています。
またセクマイ内での比率は、同性愛者・両性愛者>トランスジェンダー>インターセックスで、同性愛者・両性愛者の間ではゲイの方がレズビアンより多く見掛けます。

同性愛者の人口比は、30人に1人というのがよく聞きます。

ちなみに去年イギリスで行われた45万人以上を対象にしたアンケートでは、1.5%の人間が同性愛者または両性愛者だと告白しています。
http://www.gayjapannews.com/news2010/news30.htm

インターセックスは、2000人に1人と言われています。
(講義でも教授が2000人に1人と仰っていましたが、その後のアンケートで正答していた人がほとんどいませんでしたね;)

トランスジェンダーについては、人数が把握できなかったのですが、自分の見た感じでは数百人に1人といったところでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。